愛犬のための保険

愛犬のための保険

愛犬だからこそ予防

犬が罹患する病気については、すでに触れています。
代表的なものでは、狂犬病とフィラリアであり、どちらも、予防することで、罹患することを防ぐことができます。
予防に関しては、ペット保険の対象外ですが、狂犬病予防は、飼い主の義務となっています。
犬の飼い主になれば、畜犬登録を役所にする必要があります。
それに基づき。
毎年春になると、飼い主の元に狂犬病予防接種のお知らせが来ます。
役所が主催する集団接種でも可能ですが、行きつけの動物病院があれば、そちらも接種できます。
また、フィラリアに関しては、任意となっていますが、もっとも怖い病気でもあり、予防することが望ましくなっています。
蚊を媒介とするため、地域によって、予防時期が異なっていますが、概ね春から秋にかけてです。
動物病院を利用しているのであれば、お知らせのハガキなどが送られてきます。
今では、おやつ型の薬となっているので、喜んで食べる犬もいるようです。
さらに、獣医の中で、接種期間に議論があるようですが、混合ワクチンも、定期的に接種するのが望ましいようです。
ジステンパーなどの怖い病気予防でもあり、人に感染する恐れの病気も含まれています。
通常、混合ワクチンは、子犬の時期に接種しますが、成犬でも接種が望ましいようです。
以上のほか、皮膚病予防も、犬によっては、大事なようです。
これは、散歩中に野草などから感染するもので、ノミなどが主要な原因のようです。
飼い主でも簡単にできる塗布剤になっているケースが多いため、動物病院から薬だけを受け取ることでも、問題ないようです。
Copyright (C)2017愛犬のための保険.All rights reserved.