愛犬のための保険

愛犬のための保険

支払限度額をチェック

皆さんも、ローンを利用したことがあるかもしれません。
カードであれば、限度額があり、その中で、自由に使えるようになっています。
もちろん、住宅ローンのような目的型のものでも、融資の限度額があります。
実は、ペット保険にも、こういう限度額があります。
このサイトでも、動物病院にかかった場合の自己負担割合については、すでに少し触れています。
支払限度額とは、それにも関わるようになります。
たとえば、自己負担割合を3割のものにしたとします。
すると、年額の総額が100万円となり、残りの70万円分が返戻されるようになります。
仮に10万円の治療費であれば、7万円が返ってくることになります。
これは、人の健康保険と似たようなものですが、民間保険の一種でもあるので、返戻に関しては、治療後に自分で請求することになります。
また、ペット保険の場合、支払限度額以内であれば、何度利用しても返戻金があります。
もちろん、限度額を超えれば、全額自己負担となりますが、仮に70回使って、支払限度額が70万円以内であれば、すべての治療で返戻金が発生することになります。
多くのペット保険で共通していることです。
しかし、損害保険会社が提供しているのもの中には、最高額で1000万円というものもあるようです。
これは、損害賠償までも保障内容に含んでいるからでしょう。
どれを選ぶのかは自分の環境などを考慮すべきと言えます。
なお、損害賠償に関しては、賃貸物件などを借りた際の火災保険にも含まれています。
この中にも、ペットが人を傷つけた場合の損害保障が含まれています。
残念ながら、ペットは法律上では、物となっています。
このため、自分の物が他人を傷つけたということで、火災保険でも、適用されることになっているようです。
Copyright (C)2017愛犬のための保険.All rights reserved.