愛犬のための保険

愛犬のための保険

区分で保険料確定

サービスには、商品毎に区分があることが、一般的です。
それによって、料金が異なり、サービス内容も、異なっている面があります。
例が悪いかもしれませんが、航空チケットの座席クラスみたいなものでしょう。
ペット保険においても、こういう区分があり、それによって、保険料が決まっています。
犬であれば、まず年齢があります。
人と同様、年齢が高ければ、加入できないペット保険もあります。
このため、できるだけ若いうちに加入を検討することが、賢明かもしれません。
また、犬種による区分もあります。
大きく分ければ、日本犬と洋犬になるのでしょうが、それよりも、各犬種で異なります。
つまり、柴犬とセントバーナードでは、保険料も異なります。
さらに、サイズがあります。
犬の場合、概ね三つであり、小型、中型、大型になります。
中には、超小型という区分もあります。
これら三つのものが、乱数表のように区分の項目となり、金額が決まっています。
基本的にホームページなどで一覧表となっているため、誰でも確認することができます。
また、ペット保険の場合、自己負担割合でも、保険料が変わります。
概ね3割か1割負担になり、1割の方が保険料が多いことは、お分かりいただけるでしょう。
しかも、大型犬で年齢が高ければ、より保険料が高くなります。
この点を十分注意すべきでしょう。
けれども、ある意味、人の保険よりは、支払いの計画性が立てやすいかもしれません。
事前に、保険料が決まっていることは、加入者としては、非常に有難いことではないでしょうか?
入院保障も充実の医療保険
健康ボーナスが嬉しい、AIGの医療保険。その他の特徴も説明しています。
Copyright (C)2017愛犬のための保険.All rights reserved.