愛犬のための保険

愛犬のための保険

会社を選ぶ

民間企業が運用しているサービスであれば、会社選びが大切かもしれません。
仮に、似たようなサービスを複数の企業が提供していれば、会社によっては、サービス内容が異なるため、比較検討が大事になります。
ペット保険についても、同様のことが言えます。
複数の保険会社が運用しているため、できるだけ多くの保険会社の商品を検討してみることが大事です。
けれども、今では。
二つの保険会社が提供しています。
まず、一つ目は、少額短期保険会社です。
その名の通り、少額短期保険を販売している会社であり、ペット保険ばかりでなく、人の保険を販売しているところもあるようです。
保険料が安い分、保障期間の短いもので、動物の場合、人の寿命よりも短いため、適切な面があるのでしょう。
当初は、ペット保険といえば、少額短期保険しかありませんでした。
しかし、種々の問題が起き、なおかつ、金融業界の規制緩和が図られたため、今では損害保険会社も、参入しています。
少額短期保険と異なることは、ビジネスの主要な商品である損害保険の保障内容を取り込んでいるところでしょう。
すなわち、犬などが散歩中に人を噛んでケガをさせた場合、損害賠償金を支払うというものです。
それが特約などなくても保障内容に含まれているため、損害保険会社ならではのペット保険と言えるでしょう。
なお、少額短期保険は、セーフティネットがありません。
このため、会社が倒産すれば、納めたお金が戻らない可能性があります。
これは、人の少額短期保険でも同様であり、しっかり認識しておくべき点でしょう。
Copyright (C)2017愛犬のための保険.All rights reserved.