愛犬のための保険

愛犬のための保険

ペットの家族化と保険

日本が高度経済成長を遂げ、社会も大きく変化しました。
産業構造も変わり、今では自動車産業などが、日本経済の基幹産業となっています。
そういう工業化が達成された社会でもあり、かつての大家族化は、今は昔のようです。
核家族化が進み、それが少子高齢化をもたらした面もあるようです。
しかし、誰かと住みたいという意思が消えることはなく、今は子供でなく、ペットに向かっているという見方もあります。
欧米などでは、ペットの家族化がいち早く進みましたが、日本でも、1990年代後半あたりからブームとともに、徐々に広がったようです。
ペットを飼っている独身者の中には、結婚願望の低い人も多いようで、これもまた、少子化に拍車をかけている面もあるのでしょう。
けれども、大事なことは、ペットを飼ったからには、子供を持つことと同様、場合によっては、それ以上の責任が伴います。
子供は成長すれば、独立するものです。
しかし、ペットはそうは行きません。
ペット好きの理由に、いつまでも子供のままのようだから、というものがあります。
それはそれで理解し得ることでしょうが、そうであるからこそ、自分が最期まで面倒を見るのが、飼い主の責任です。
特に犬の場合、しつけも大事ですが、もともとの特性として、主人に従順なところがあります。
主人がいるからこそ、生きていると言っても、過言ではありません。
このため、主人がしっかりすることが、犬にも良い影響を与えるといえます。
これは、病気などに罹った場合にも、主人が病院に連れて行き、獣医に診断を仰ぐことを意味しています。
そうは言っても、医療費がかさむため、やはり、ペット保険の加入が大事であり、なおかつ、これからも、ますます加入者が増えていく可能性があります。
いずれにせよ、ペットの家族化が進めば、それだけ動物病院との関わりも大きくなり、ペット保険の意義も大きくなります。
人とペットの関係も、より深くなって行く可能性もあるのでしょう。

話題になっている保険の情報はこのサイトでチェックしてみてください!!

Copyright (C)2017愛犬のための保険.All rights reserved.